プロペシアの用法

プロペシアの用法を確認しよう

AGAの治療薬として知られているのがプロペシアになります。

その用法を紹介していきましょう。

●1日の量

1日の量としての限度は1mgになります。

1mg以下になる分にはかまわないようですが、以上になるのはよくありません。

なぜならば、それ以上をのんでも効果が余計にでるといった確証は得られていないからです。

そして、1mgでもいままでに十分に効果が得られているという実績があります。

錠剤の価格、そして副作用の可能性などを考えると、1日の量はきちんと守って飲んで行くようにしましょう。

●飲むタイミング

飲むタイミングについてですが、医薬品としては珍しくそういった点についての用法はありません。

実はいつ飲んでもいいのがこのプロペシアの特徴だったりします。

お昼にのまなければ!となると、人に「それなに?」と聞かれたりするかもしれません。

そういったことを避けられるというのはとてもありがたいと言えます。

ですが、あまり自由に飲んでいるといつ飲んだか忘れてしまったりします。

また、飲み忘れにもつながってしまうのです。

そのため、できたら朝食後にのむ、夕食後にのむといった自分の中で一番飲みやすいタイミングで飲むように、習慣をつけるようにしましょう。

●飲み方

一定以上のお水と一緒に飲むようにしましょう。

こういった薬をお水抜きで飲む人もいますが、食道にはりついたりといったトラブルで食道炎になることも考えられます。

きちんとお水を用意できる状況で飲むようにしましょう。

●用法以外のポイント

用法以外のポイントを紹介しましょう。

頭頂部が気になっている人に特におすすめのポイントが、ミノキシジルとの併用になります。

ミノキシジルは頭頂部に効果的な外用薬になっており、血流をよくすることで栄養が効果的にいきわたり、毛根などの活性化につながります。

プロペシアで抜け毛をへらし、ミノキシジルで発毛を促すというのが黄金コンビと言えるのではないでしょうか。

>>プロペシアの正規品はこちら<<

参考資料:プロペシアの通販